歯が白くなるしくみ:歯の漂白

ホワイトニングとは漂白と同じ意味で、ブリーチングとも呼ばれます。歯のホワイトニングでは、消毒剤のオキシドールと同じ過酸化水素を使い、歯に染みこんだ有機性の着色成分を分解・漂白するというのが基本的なメカニズムです。
ホワイトニング直後は、一時的に歯が酸に溶け易くなったり、着色しやすくなりますが、時間がたつにつれ戻るので全く心配はいりません。また、ホワイトニングによって歯が傷むこともありません。
前歯だけとか1本だけとかのホワイトニングもできます。
その方法は、歯科医院で行う①オフィスホワイトニングと、自宅で管理するのが基本となる②ホームホワイトニングの2つになります。オフィスホワイトとホームホワイトは方法が違うだけで効果に違いはありません、またホームブリーチのほうが後戻りしにくいという話もありますが、ほとんど変わらないと考えたほうが良いでしょう。小倉歯科ではまずホームホワイトをお薦めしています。

①オフィスホワイトの知識
オフィス(デンタルオフィスDentalOffice=歯科医院)でおこなうのがオフィスブリーチング(オフィスホワイトニング)です
オフィスホワイトニングは、30~35%過酸化水素を含むペーストを、白くしたい歯に塗ったあと、光を当てて薬を活性化させ、漂白効果を高める方法です。当てる光に良く使われているものはハロゲンライトです。しかし、当院ではより強力なプラズマライトを使用しています。それで時間が6分の1ほどに短縮されます。漂白効果はどのような光でも同じで、日本では、「松風ハイライト」という薬が、オフィスホワイトニング用として認可されている唯一のホワイトニング剤です。過酸化水素の濃度は35%と高めです。オフィス用(松風ハイライト)、ホーム用(ナイトホワイト)ともに認可されている薬は1種類にすぎませんが、ホワイトニングの先進国アメリカでは、過酸化尿素の濃度ひとつをとっても、たくさんの種類があります。直接輸入している業者や個人で輸入されて使っている歯科医師もいらっしゃいますが、日本では無認可ですので自己責任で使用します。今後は、日本でも使えるホワイトニング剤が増えてくるかもしれません。なぜか妊娠している方は使用禁止となっています。

長所
濃度の高さはそのままの漂白効果の高さにつながります。つまり短時間で効果があげられるということです。仕事の関係などで、長時間トレーをはめられない人などに向く方法です。また、歯並びが悪くてホームホワイトニング用のトレーを使えない人や、トレーをはめると顎に不調がでてしまう人もオフィスホワイトニングがよいでしょう。
オフィスとホーム どちらの方法でも、ただ真っ白な歯にするというよりは、その人がなりたい歯の白さを実現できます。
短所
刺激が強すぎるので、冷たい水や甘いもので、歯に染みる知覚過敏を引き起こすリスクが高くなります。オフィスホワイトンイングは前述したように、ホームホワイトニングができないひとに向く方法です。とはいえ知覚過敏対策の歯磨剤などケアグッズもあるので心配はありません。

規則的な日常生活を心に刻み、唾液によった補修作業をもっと助長するという重要なポイントに着目した上で、ムシ歯への備えに重きをおいて考えるのがベターなのです。
入れ歯という人工的なものに対して描くマイナスイメージや固定化した考えは、自分の歯で噛んだときの使い心地と比べるためにどんどん増大していくのだと考察されるのです。
当の本人でも気付かないうちに歯にはヒビ割れが存在する可能性も予想されるので、ホワイトニングしてもらう前はじっくりと診察してもらう事です。口臭を防止する効果がある飲み物に知られているのがコーヒーですが、たくさん飲みすぎると口腔内がカラカラに乾燥し、悪いことに口の臭いの要因になるそうです。
歯を白くするホワイトニング施術をしないケースでも、歯の割れ目を無視しておくと、象牙質が傷んでしまい、周囲の外気や食物が触れると痛みが走ることが残念なことにあるのです。


虫歯の予防措置は通常の歯磨きに偏重していては困難で、大事なのは痛い虫歯の原因となる菌を排除することと虫歯の状態の深刻化を食い留めるという2つの要素なのです。
セラミック術と一口に言っても、いろいろな材料や種類が実用化されているので、いつもの担当の歯科医とよく話し合って、自分向きの方法の治療のを吟味するのがよいでしょう。
意外にも唾液は口腔内のお掃除役と考えられるほどに大切な役割を担っていますが、その唾液が少なくなってしまえば、口の臭気が悪化してしまうのは然るべきことといわれています。
さし歯の歯根の部分が崩れたら(歯根破折・しこんはせつ)残念ですがだめです。その、大半の状態では、抜歯してしまうことになってしまうのです。
睡眠をとっている時は唾液を出す量がかなり少なくて足りないため歯の再石灰化が働かず、phバランスの悪い口の中の中性状態を保つことが困難だとされています。


嫌なプラークが溜まらないうちに、歯石予防を毎日実施する事が最も肝要なポイントになります。歯垢の付きやすい場所はしっかりブラッシングすることがより大切になります。
キシリトールの成分にはむし歯を拒む性質が確認されたという研究結果の発表があり、その後日本はもちろん世界中で非常に熱心に研究への取り組みが行われました。
上の親知らずは下に比べて麻酔の影響力が有効なため歯を抜く際も鈍痛を感じるといったケースが少なく、痛みに虚弱な方であっても、手術はあっけないくらいに容易に成されます。
噛み合わせの悪い状態は口の開閉で痛みが生じる顎関節症の一因ではあるけれども、それとは異なる誘発事項があるのではと捉えられるようになったそうです。
口の中が乾燥するドライマウスというのはストレスが発端でなってしまうような事もままあるため、今からの時世では忙しく働く世代の男性にも発症する可能性は少なからずあります。

もし差し歯の付け根が割れてしまったらそれは歯根破折と言われていますが、もうそれはだめです。そのほとんどのケースの場合では、抜歯治療しかない事になってしまうのです。
口の中の唾液は、酸味の強そうな物や、美味しそうな食べ物を目にすると出てきますが、以外なことにムシ歯や歯茎の歯周病の防止に役立つのが唾液なのです。
口臭を防止する作用のある飲料として、コーヒーの名前があげられますが、大量に飲みすぎると口腔内の水分が乾燥してしまい、皮肉にも口臭の元になってしまうのです。
自宅訪問する歯科診療のケースは、施術が終わった後も口の中のケアのために、ある一定の頻度でかかりつけの歯科衛生士達が、お邪魔させていただく事がけっこうあると言われます。
カリソルブとは何かと言うと、分かりやすく説明すれば「科学によって虫歯になっている所だけを溶かす薬剤」です。塗付しても、むし歯に冒されていない場所の歯には何も害のない便利な薬剤です。

歯を白くするホワイトニング施術をしないケースであっても、歯にできている割れ目を無視し続けると、象牙質が傷ついてしまい、呼吸時の空気や熱い食べ物がかすめる度に痛みが走ることがあるといわれています。
歯周病やむし歯が深刻になってから歯科医院に駆け込むケースが、ほとんどだと思いますが、病気予防のために歯のクリニックに通うのが実際は望ましい事でしょう。
いま現在、ムシ歯がある人、もしくは以前にムシ歯を患っていた人、なんと日本人のざっと9割がこうした虫歯を誘発する菌を、すべからく抱えていると見て間違いありません。
口の開閉によって起こる筋肉の緊張を和らげ、異常を起こした顎関節の奥の方を正しい値に治すトレーニングをしたり、顎関節の動作をより改善するリハビリをやってみましょう。
本来の唾液の役割は、口腔内の清掃と細菌の増殖を妨げることです。しかし、これだけではないということです。歯を再び石灰化に導くには唾液がどうしても必要なために、分泌される量の多さは大事なチェック項目です。

インフォームド・コンセントの推奨は、病気の症状をしっかりと会得し、それを改善する治療手段に、率先して努力するようにしましょうという考えに基づいています。
半面、糖尿病という側面から考究すると、歯周病という病になるがために血糖値の制御が至難になり、それを引き金として、糖尿病の加速を誘発する危険性が考えられます。
びっくりするかもしれませんが日本は予防における残念なことに後進国といわれ、欧米人に比べて、日本人の歯の生存期間が短縮傾向にあります。最もそれは歯に限らず病気予防全般に取り組もうとする危機意識が違うのでしょう。
歯をこの先も維持するには、PMTCが大変重要であり、この事が歯の処置後の状態を長期間温存できるかどうかに、強い影響を与えることも分かっている事です。
口内炎の発生するきっかけは、ビタミン摂取が不十分なことがそれのうちのひとつなのは確かですが、各種ビタミン類は気軽に摂りやすいサプリメントや、薬局でも入手できる医薬品の服用薬などとして売られています。